前のページに戻る

がん三大治療の限界と免疫細胞治療

自分の細胞でがんと闘うがん免疫療法の第一人者である大野典也先生が設立した東京都港区にあるアクティクリニックです。がんの治療には、がん三大治療といわれる化学療法、放射線療法、外科手術があります。これらの治療法はがんを初期に発見された場合は非常に有効な手段です。しかし、がんに転移がすでに起こっている場合、放射線照射治療法や外科的治療法では、がんの治癒は非常に難しいものとなります。そこで、転移がんのような悪性がんの治療は化学療法を用いることになります。もとより化学治療法はそれなりの効果がある治療法ですが、副作用が強い場合も多く、患者への負担が大きいのが現状です。また、化学治療中に、薬剤に感受性のがん細胞は総て死滅しても、その中の生き残りのがん細胞は使用中の、有効であった抗がん剤に抵抗性がある事がよくみられます。そのため、抗がん剤の効果がよくあらわれないこともあります。

 

 

前のページに戻る

© 2014 ACTTI CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.