前のページに戻る

自らの細胞でがんを治す

がん治療を行う際、専門病院では標準治療という選択肢しかない場合が多く、それ以外の選択肢は提供されません。

ましてや、その人に合わせたオーダーメイド治療などは望めません。

標準治療の代表として抗がん剤治療がありますが、ほとんどの抗がん剤は正常細胞も犠牲にします。

正常細胞を大量に殺してしまう事で、副作用が出るのです。それにより、大変な思いをしている患者さんを多く見てきました。

 

 

アクティクリニックで提供される「フュージョン細胞療法」は、「がん融合細胞ワクチン」を使いますが、このワクチンの原料は患者さんご自身の「がん細胞」と「樹状細胞(血液中の細胞の一種)」を使います。患者さんの細胞を使った、患者さんだけの為のオーダーメイドのワクチンを作って治療するものなのです。自分の細胞を使った治療なので、副作用はほとんどありません。抗がん剤治療と比べたら、非常に体の負担が少ない治療法なのです。

そのため、最近では抗がん剤と組み合わせて治療を行う事で効果が出ている症例もたくさんございます。

がんの治療は、自らで選択出来るものなのです。

前のページに戻る

© 2017 ACTTI CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.